グレインフリー(穀物不使用)キャットフードおすすめランキング

MENU

グレインフリー(穀物不使用)キャットフードおすすめランキング

グレインフリー(穀物不使用)キャットフードおすすめランキング

ここではグレインフリー(穀物不使用)キャットフードおすすめランキングをご紹介します。

 

最近では愛猫の健康に関心の高い飼い主さんが増えてきたこともあり、グレインフリー(穀物不使用)のキャットフードが増えてきましたね。

 

ただ、その反面で色んなキャットフードメーカーがグレインフリーフードを出しているので「何を基準に選んだら良いのか分からない」という声も聞きます。

 

そこで、このページではグレインフリーキャットフードの選び方と、おすすめ商品をランキングでご紹介します。

 

グレインフリー(穀物不使用)キャットフードおすすめランキング【目次】

 

グレインフリー(穀物不使用)キャットフードを選ぶ【3つのポイント!!】

大豆も不使用のものを選ぶ!

一言にグレインフリー(穀物不使用)といっても、大豆を穀物として見るかは国やメーカーによって異なります。ですが、大豆もアレルギーを持った子がいるので避けた方が良いでしょう。

 

その他の豆類(えんどう豆・ひよこ(ガルバンゾー)豆など)はキャットフードに使われることが少なく、アレルギーの報告も見つからないので、大豆に注意すると良いでしょう。

 

メイン食材を把握する

グレインフリーのキャットフードは穀物を使わない分、肉材料の割合が増えています。その為、チキン・サーモン・ラムといったそのキャットフードに最も多く使われている食材にアレルギーが無いかもチェックしておく必要があります。

 

原材料欄に一番最初に書いてある食材が、そのキャットフードで一番割合の多い食材です。キャットフードを切り替えて下痢や皮膚炎などの症状が出た場合、メイン食材を切り替えると症状が治まるケースがあります。

 

メイン食材が1種類のものを選ぶ

グレインフリーのキャットフードを選ぶ際は、メイン食材が1種類(2種類以上の肉食材が混ざってるものを避ける)のものを選びましょう。

 

メイン食材を1種類に絞ることで万が一、グレインフリーキャットフードに切り替えたのにアレルギーが出た時、対象となるアレルゲンを特定し易くなります。

 

 

グレインフリー(穀物不使用)キャットフードをポイントを元に比較


上記で挙げた3つのポイントを踏まえた上で、各社が出している「グレインフリー」・「アレルギー対応食」を比較しました。

メーカー名

大豆の使用

メイン食材※

肉食材の種類

(少ない方が良い)

カナガンキャットフード

なし

チキン

チキンのみ

モグニャン

なし

白身魚

白身魚のみ

シンプリーキャットフード

なし

サーモン

サーモンのみ

ヤラー

(グレインフリー)

なし

チキン

チキンのみ

アーテミス

(オソピュアグレインフリー)

なし

サーモン

サーモンのみ

ナチュラルバランス

(グリーンピー&ダック)

なし

グリーンピース

ダックのみ

ジウィピーク

(エアドライ)

なし

ラム

ラムのみ

ハッピーキャット

(ビオ・ゲフルーゲル)

なし

チキン(ポルトリー)

チキンのみ

メリック

(パーフェクトビストロ グレインフリー)

なし

チキン

チキンのみ

ジャガーキャットフード

なし

チキン

4種類

ファインペッツキャットフード

なし

アヒル

4種類

アディクション

(サーモンブルー グレインフリー)

なし

サーモン

2種類

ナチュラルチョイス

(穀物フリー アダルトサーモン)

なし

サーモン

2種類

ネイチャーズバラエティ

(インスティンクト ロウブースト)

なし

チキン

3種類

オリジンキャットフード

なし

チキン

3種類

アニモンダ

(グレインフリー)

なし

チキン

2種類

ANF

(ホリスティック アダルト)

なし

チキン

2種類

ロータス

(グレインフリー ダックレシピ)

なし

ダック

2種類

※、原材料欄の最初に書いてある材料名

 

 

グレインフリー(穀物不使用)キャットフードおすすめランキング

モグニャンキャットフードの特徴

モグニャンキャットフードは香料・着色料不使用・グレインフリー・白身魚を65%使用したプレミアムキャットフードです。他の肉食材は含まれていないので万が一モグニャンでアレルギー反応が起きてもチキンやラム肉に変えれば良いだけなので安心です。もちろん白身魚はヒューマングレードです。カナガンやシンプリーに比べると成分的には少しヘルシーになっています。現在、【当サイト限定】で初回購入価格が半額になるキャンペーンを実施中なので、この機会にぜひ試してみて下さい。

価格 税抜3,960円(税込4,356円)(1袋1.5kg)

【食べ比べ限定!!】上記金額から50%OFFキャンペーン中

評価 評価5
備考 香料・着色料不使用/高い消化吸収率/材料から徹底した品質検査を実施/お試し価格有り

カナガンキャットフードの特徴

無添加・グレインフリー(穀物不使用)・チキンを60%以上使用したプレミアムキャットフードです。使われる生チキンはヒューマングレードで、チキンに関しては平飼いチキンなのでストレスフリーな環境で育ったイギリス産チキンのみを使用しています。もちろん小麦やトウモロコシ・大豆は不使用で、肉食材はチキンだけを使用しているので万が一アレルギーが出てしまった場合は、チキンと卵を使っていないシンプリーかモグニャンに変えてあげましょう。

価格 税抜3,960円(税込4,356円)(1袋1.5kg)
評価 評価4.5
備考 チキンを60%以上使用/香料・着色料不使用./穀物不使用で消化に優しい/徹底した品質管理/高たんぱくで脂質とのバランスも◎

シンプリーキャットフードの特徴

シンプリーのキャットフードは無添加・グレインフリー・ヒューマングレードのノルウェー産サーモンの他、魚を全体の75%以上使用しています。サーモンの使用料が多いので皮膚の健康に良いと言われるオメガ3脂肪酸が豊富にです。魚はチキンやラムに比べると食物アレルギーを起こす可能性が低いと言われる食材ですが、万が一シンプリーを食べていて食物アレルギーが起きてしまったらカナガンに変えてあげると良いでしょう。

価格 税抜3,960円(税込4,356円)(1袋1.5kg)
評価 評価4
備考 グレインフリー/着色料・香料・遺伝子組み換え原材料不使用/

グレインフリー(穀物不使用)キャットフードおすすめランキング

アーテミスキャットフードの特徴

アーテミスには米や麦を使ったものもありますが、「オソピュアグレインフリー」はグレインフリーのキャットフードです。メイン食材はサーモンで高たんぱく・高脂質な作りになっています。栄養価も高いので子猫からシニアまで食べられます。少し高いですがグレインフリーとしておすすめできるキャットフードです。

価格 4,365円(1.8kg)
評価 評価3.5
備考 香料・着色料不使用/人間が食べられる食材を使用/サーモンベース

グレインフリー(穀物不使用)キャットフードおすすめランキング

ナチュラルバランスキャットフードの特徴

ナチュラルバランスのキャットフードは、基本的に米やオート麦などの穀物を使用しています。ですが、「グリーンピース&ダックフォーミュラ」はグレインフリーのキャットフードです。また、チキンの代わりにダック(カモ)を使っているので、チキンにアレルギーがある子も食べられる可能性があります。ただ、全体的な栄養価が低めなので太りやすい1~6歳の成猫におすすめのキャットフードです。

価格 2,006円(1.0kg)
評価 評価3
備考 仔猫・シニアには不向き/食物アレルギーを起こしにくいダックを使用

グレインフリー(穀物不使用)キャットフードで迷ったらコレ!

グレインフリーのキャットフードでモグニャンがおすすめの理由
  • ナチュラルな酸化防止剤を使用
  • 香料・着色料不使用
  • 人間も食べられるヒューマングレードの材料を使用
  • 仔猫からシニアまで食べられる
  • 嗜好性にもこだわって作られている
  • 初回は半額で試せる

 

モグニャンは着色料や香料、合成の酸化防止剤を使っていないので消化や健康の面でも安心して食べられます。また、栄養価が高いので子猫やシニア猫など、多頭飼いの家庭でもみんなで美味しく食べられます。

 

白身魚にアレルギーがある子は食べられませんが、たんぱく源が白身魚に限定されているので、チキンやラムなどアレルゲンが分かっている子は試す価値のあるフードと言えます。

 

とは言え、ロイヤルカナンやヒルズから出ている低アレルゲンフードとは違い、加水分解たんぱくを使っている訳ではありません。アレルゲンが分からない子は、低アレルゲンフードを試してみると良いでしょう。

 

 

市販で安いグレインフリー(穀物不使用)キャットフードって無いの?

メーカー 価格(容量)
ピュリナワン 1,880円(1.6㎏)
ナチュラルチョイス

956円(500g)
2,480円(2.0㎏)

 

通販ではなく、ホームセンターやペットショップで購入できそうなメーカーで、グレインフリーのキャットフードとなると「ピュリナワン」か「ナチュラルチョイス」くらいになります。

 

ナチュラルチョイスは以前からグレインフリーがありましたが、最近はピュリナワンからもグレインフリーが発売されました。

 

特に、ピュリナワンはグレインフリーなら「500円で1.6㎏をお試し」できます。普通のキャットフードなら「無料で1袋1.6㎏お試し」できます。期間限定のキャンペーンなので、まだ試したことがない方はこの機会にどうぞ!

 

 

 

国産でおすすめのグレインフリー(穀物不使用)キャットフードが知りたい!

グレインフリー(穀物不使用)キャットフードおすすめランキング

国産のキャットフードで米も使わない完全なグレインフリーは見つかりませんでした。良くても食物アレルギーの原因になりにくい穀物(米や大麦など)を使ったものです。

 

日本は海外のペット先進国に比べると、ペットフードの開発や栄養学がまだまだ遅れています。人間用の食品とは違い、ペットフードに関しては「国産=安心」が通用しません。

 

猫は穀物を食べられない訳ではないので、国産キャットフードでも問題ありません。ただ、食物アレルギーなどからグレインフリーにこだわるのであれば輸入フードも検討してみて下さいね。

 

>>詳しくは「国産のおすすめキャットフード」をご覧ください。

 

 

お試しサンプルがあるグレインフリー(穀物不使用)キャットフードってない?

メーカー 容量 値段
ピュリナワン※ 1.6㎏ 500円
ナチュラルバランス※ 30g×4個 756円
ネイチャーズバラエティ※ 30g×4 756円
アーテミス(フィーラインキャット) 50g 420円
アーテミス(オソピュアグレインフリー) 60g 420円
イティ(チキン&サーモン) 40g 756円
オーブンベークド※ 380g 380円(+送料680円)
ギャザー 50g 10円(+送料540円)
オリジンキャットフード 30g×3 300円

※、グレインフリー以外の商品もあるので注意して下さい。

 

当サイトが調べた限り、「完全に無料のお試しサンプルがあるグレインフリーのキャットフード」はありませんでした。

 

また、「ピュリナワン」のようにメーカーや正規輸入元が行っているお試しキャンペーンはなく、楽天市場などに出店している代理店が有料行っているサンプルしか見つかりませんでした。

 

上記は楽天市場で「サンプル お試し」と検索して出てきた「グレインフリーのお試しサンプル」です。サンプルの内容や在庫の有無が変わりやすいので、詳しくは楽天市場にて検索してみて下さい。

 

まとめ


「グレインフリー(穀物不使用)」にはコレといった決まりがありません。その為、何を穀物とするかはメーカーによって異なります。

 

なんとなく「グレインフリーだから良さそう」と選ぶのではなく、猫が必要とする栄養・食材を多く使っているのかその分(穀物が少なくなっている)、良く確認してから購入しましょう。

目的別おすすめキャットフード【選び方】

子猫 0~6カ月 成猫 1~6歳 高齢猫 7歳~

グレインフリー(穀物不使用)キャットフードおすすめランキング

>>クリック

グレインフリー(穀物不使用)キャットフードおすすめランキング

>>クリック

グレインフリー(穀物不使用)キャットフードおすすめランキング

>>クリック

肥満 痩せ気味・食べない 症状・病気別

グレインフリー(穀物不使用)キャットフードおすすめランキング

>>クリック

グレインフリー(穀物不使用)キャットフードおすすめランキング

>>クリック

グレインフリー(穀物不使用)キャットフードおすすめランキング

>>クリック

無添加で安全 安い市販のもの ウェット

グレインフリー(穀物不使用)キャットフードおすすめランキング

>>クリック

グレインフリー(穀物不使用)キャットフードおすすめランキング

>>クリック

グレインフリー(穀物不使用)キャットフードおすすめランキング

>>クリック

3匹の愛猫で有名なキャットフードを食べ比べました!

グレインフリー(穀物不使用)キャットフードおすすめランキング